• HOME
  • 【世界遺産の島・ゴッドランド】

【世界遺産の島・ゴッドランド】


【世界遺産の島・ゴッドランド】
サステナピリティに積極的なゴッドランドの取り組み


ゴッドランドは古くから残る美しい街並みが広がる世界遺産の島。伝統と未来の発展が調和する島の、サステナビリティヘの取り組みに迫る。




d152.jpg

牧歌的な風景の中に広がる、スウェーデン最大の風力発電パーク。約100基の発電機が建ち並び、ゴッドランド島で使用される電力の実に約30%をこの風力発電で賄っている。




d151.jpg

発電機の根元に集まる見学者たち。人間と比較するとその巨大さがよく分かる。もっとも性能の良い風力発電機だと、約60基でーつの原発に相当する発電量が見込める。


d153.jpg

市民にとって便利なリサイクルセンター。生ゴミ、有害ゴミ、容器、インテリア電化製品などを分別。容器一つとっても、約10種類に細かく分別され、リサイクルされる。




バルト海に浮かぶスウェーデン最大の島・ゴッドランドは、スウェーデンの中でも最も積極的に「1世代以内に持続可能な社会」という目標を実現するためのガイドラインを導入。50力所あった埋め立て地は1ヵ所まで削減し、電力使用量の30%は風力発電によるもので、農業は自給自足率400%と驚異的な高さ。さらに生物多様性保護により500種類の花や植物を復活させるなど、「持続可能な島」の実現に向けた取り組みが盛んだ。また、スウェーデンの家庭ゴミリサイクル率は99%をすでに達成。その理由の一つが便利な分別システムで、街にはリサイクルステーション(容器)リサイクルセンター(粗大ゴミ)、環境ステーション(有害ゴミ)の3つの分別場所が至るところにあり、しかも毎日利用できるのが特徴。家庭でも分別する習慣が根付いている。ゴミを資源として考え、使い終わればモノかエネルギーとして社会に返す仕組みが出来上がっている。




d154.jpg

スウェーデンの家庭のキッチンには、ゴミを捨てるその場で分別するのに便利な分別箱がシンク下に付いているのが一般的。スムーズに分別できるシステムが家庭にも根付いている。


d155.jpg

ゴミは、収集車によって自動的に回収される。人間に負担をかけない持続可能な取り組みの一つ。



戻る

次へ


d56.gif


  • はじめにお読みください 新築・注文住宅 東京
むくむくはうす 家づくりを支える3つのこだわり
  • 新築・注文住宅 むくむくはうす東京 コミュニケーション&コミュニティ
  • 新築・注文住宅 むくむくはうす東京 環境&健康
  • 東京 新築・注文住宅 暮らしをデザインする家