• HOME
  • 3つの地球ルール

3つの地球ルール

d64.jpg


Rule_01


自然に還すことができる以上にとらない

 木や水、食料など「再生可能な資源」を利用する場合、自然が再生できる能力を超えない量と速度で消費することが重要。例えば、木を1本切ったら1本植える。魚をとるなら自然繁殖で補える程度にする。水を使う場合、洗剤や殺菌剤など化学製品が含まれる排水が増え過ぎると、浄化作用を持つ微生物が生きられなくなってしまいます。
だから、薬剤は自然が分解できる製品を選ぶこと。それが無理な場合は、使用量をできるだけ控えるようにしましょう。

d22.jpg



家を建てる際の循環 Cycle of Building

 家は数多くのの資材からできていますが、使わなくなった場合、無駄をなくす一番の方法が「リユース」。中古物件として誰かに住んでもらいます。壊さなくてはならない場合は、部材を「リサイクル」することで資源の無駄を減らせますが、どうしても捨てるしかない部材は「リターン」、自然に還すしかありません。ですから、家を建てたりリフォームする時は、再使用できる部材を使ったり、自然分解できるナチュラルな素材のものを選ぶことが大切です。




Rule_02


地下資源より地上の資源を使う

 石油などの地下資源は、もともと地上を前提とした環境循環サイクルの枠外の物質。プラスチックなど合成樹脂は、燃やしても埋めても自然の再生能力をオーバーしてしまい、大気や土に負担となります。何かを買うときには木や紙など地上でできたものを。地上の資源は循環の一部に含まれるので、Rule_01に従う限り自然に還ります。

d25.jpg




これは地上?地下?

 私たちの身の回りには、地上のモノも地下のモノも含め、たくさんの物質であふれ返っています。ここでは、家の建材を例に「地上」と「地下」を見分けるヒントを紹介します。


d32.jpg d29.jpg d36.jpg

ガラス製のものを選びましょう。ガラス、竹、和紙は地上の資源。プラスチック、アルミ、ポリエステルは地下の資源です。


d30.jpg d29.jpg d31.jpg

環境にも肌ざわりも優しい、木製の便座。便器は土を焼いて作った陶器製なので地上のものです。


d37.jpg d29.jpg d35.jpg

タイルのジンクと木で造作、雰囲気も◎。ステンレスなどの合金は地下の資源です。




Rule_03


生物多様性を守る

 パンダもヒマワリもバクテリアも、全ての生き物はそれぞれの役割があり、お互いに支え合って生きています。この命のつながりを生物多様性といい、例えば、私たちの食べ物飲み物の約30%は蜂のおかげです。しかし世界中、蜂が滅っています。殺虫剤の原因でもあるので、殺虫剤などの化学物質の少ないモノ・建材や、化学物質の無いモノ(オーガニック)を選びましょう!




住まいにも"里山"をつくろう


d38.jpg 

 自然と人の暮らしが重なり合う里山は、生物多様性の身近な宝庫。あなたが暮らす土地も、昔はそんな里山だったかも知れません。家を建てさせてもらったお礼に、庭に小さな自然を作りましょう。かつてそこに住んでいた生き物たちが再び戻ってきてくれたら、毎日の生活がもっと楽しくなるに違いありません。

生き物の小さな楽園を我が家に・・・。





d69.gif

地球のシンプルなルール

 地球上の500万種以上の生物の中で、他の生き物の暮らしを破壊するのは人間だけ。C02やゴミを出すのも人間だけ。人間以外の生き物にとっては、地球にゴミはないんだ。なぜなら。全てが資源だから。
 だから、動植物と同じ地球のルールを知れば。人間にとっても「ゴミ」はなくなる。とてもシンプルな3つのルールを取り入れるだけで、便利さを失わずに、たくさんの生き物たちと一緒にずっと地球で暮らし続けられるんだよ。






4Rとは?

環境を守るために、私たちが毎日の暮らしに簡単に参加できるキーワード「3R」に、もう1つのRを取り入れましょう。

Reduce=減らす

買う前に本当に必要か考えましょう。

Reuse=再使用する

使わなくなったものでも、家族にあげたりフリーマーケットに出品したり、家の建材として使ったり、そのまま捨てずに有効活用しましょう。

Recycle=再資源化する

再利用もできないほど使えなくなったモノが、別のモノとして生まれ変わるのがリサイクル。分別のルールを守って回収に出したりすれば、ゴミに命が吹き込まれ資源に生まれ変わります。

Return=自然に還す

家庭で出た生ゴミはコンポストに入れてミミズに分解してもらい、土に還しましょう。天然素材でできた商品を選ぶようにしましょう。自然分解できるものであればやがては土に還るので、環境への影響も最小限に抑えることができます。




戻る

次へ

d56.gif


d42.jpg


  • はじめにお読みください 新築・注文住宅 東京
むくむくはうす 家づくりを支える3つのこだわり
  • 新築・注文住宅 むくむくはうす東京 コミュニケーション&コミュニティ
  • 新築・注文住宅 むくむくはうす東京 環境&健康
  • 東京 新築・注文住宅 暮らしをデザインする家