• HOME
  • 自然のサイクルに合わせた暮らし方

自然のサイクルに合わせた暮らし方

d65.jpg


地球一個分の家を目指そう! One Planet House
d16.jpg

環境に負荷をかけない生活をするには、環境循環型住宅に暮らすことも1つの選択肢。森林や資源の保護に配慮した「地球1個分の家」を選ぶことで、生活の質を保ちながら、水やエネルギーを大切に使ったり、ゴミを減らしたり、無駄のない買い物をしたり、といったエコ賢い暮らしを楽しみながら実践できます。



大量生産、大量消費、大量廃棄を続ける現在の人類は、地球の自然のサイクルで1年間再生できる量の1.5個分の資源を1年で消費しています。

d13.jpg

今後も人口が増える中、現在の生活を維持するには、地球2個分の資源が必要に。地球1個の範囲内で賄える社会に転換していく必要があります。




今のわたしたちは、将来世代の大切な資源を前倒しで使っている。

 WWF(世界自然保護基金)によると、現在、人類全体で地球1.5個分を必要とする生活を送っているそうです。つまり、現代人1人が1年で消費する資源を地球が再生するのに1.5年かかるのです。私たちは、森が吸収するよりも多くのCO2を排出し、木が成長するよりも早く伐採し、海が供給するよりも多くの魚を乱獲するなど、地球が行う自然のサイクルによって育む1.5倍のスピードで資源を消費し、廃棄物を放出しているのです。もし世界中の人々が今のペースで生活を続ければ、2030年には地球がもう1個あっても足りない計算になります。この傾向は高所得な国ほど顕著で、世界中が日本人と同じレベルの生活をすると地球2.6個分が必要といわれてます。
 この過剰消費分は、未来の地球から前借りしている状態であり、このマイナスを少しでも早く返済するには、私たちの活動が環境に与える負荷を「地球1個分」に抑えることです。そのためには、生産、消費、廃棄という一方通行の経済から、資源を循環して利用する持続可能な社会に切り替えていくことが求められます。
 さあ、あなた自身の暮らしは地球をいくつ使っているか考えてみましょう。そして、できることから「地球1個分の暮らし」を実践していきましょう。






人類の羅針盤 Sustainabillity 世界が目指す持続可能な世界


経済成長と環境負荷の連動を断ち切り。自然、人間、経済のバランスがとれた発展へ。

 環境資源の過剰消費に警鐘が鳴らされる中、利潤の追求だけでなく、自然と調和しなければ継続して成長ができないことに、多くの人が気付き始めています。しかし環境問題だけを重要視するだけでは、長続きしません。それには、生活者や市場に我慢を強いるエコではなく、積極的にエコを取り込みたくなる経済システムへの転換が有効です。例えば、経済活動で得られた利益の一部を森林再生のために還元し、その森林から得られた資源を使って製品を作り、人々がその安全な製品を選ぶことで利益を企業に還元する。それこそが、「サステナビリティ(持続可能性)」です。限りある地球の環境資源と、限りない経済発展を両立し、環境循環型社会の実現と資源を公平に分配する社会を目指す方法論です。以前は環境問題よりも利益を重視する企業が大半を占めていましたが、サステナビリティという考え方が広まるにつれ、環境に配慮したビジネスを展開する企業も増えてきました。
 人々がより賢くなり、地球環境と共存するライフスタイルを好む消費者が増えてきたため、サステナビリティを組み込んだ商品やサービスを提供する企業が、市場で支持されるようになったのです。そういった仕組みがうまく機能するようになれば、「持続可能な世界」の実現はもう、目の前です。


d70.gif

エコを考える頭を作ろう! Holistic Thinking

 例えば、オーガニックなファッション。化学繊維のものより若干高価でアイテム数も少ないけど、多くの人が環境を意識して購入するようになれば、デザインも豊富になって価格もリーズナブルになるよね。すると売り上げがアップして、有機農法に切り替える農家が増える。結果として、農薬による環境汚染や健康被害が改善される。食材を買うときも、旬のもの、オーガニックのもの、近くで採れたもの、包装が簡単なものを選ぶようにするだけで、エネルギーや資源の無駄を省くことになるし、このように1つの事柄を包括的に考えることを「ホリスティックシンキング」って言うんだ。これはどこから誰の手をたどって商品になったのか。地上の素材なのか地下の素材から作られたのか。ゴミになったら有害物質になるのか、それとも資源になるのか。ホリスティックシンキングのため、次にモノ、食べ物、家の建材などを選ぶ前に、そのモノはどこから来たか?どうやって作られたか?使い終わったらどこへ行くか?を考えましょう。!





戻る

次へ


d56.gif



  • はじめにお読みください 新築・注文住宅 東京
むくむくはうす 家づくりを支える3つのこだわり
  • 新築・注文住宅 むくむくはうす東京 コミュニケーション&コミュニティ
  • 新築・注文住宅 むくむくはうす東京 環境&健康
  • 東京 新築・注文住宅 暮らしをデザインする家