• HOME
  • 私たちはいま、何を起こしているのか。

私たちはいま、何を起こしているのか。

d66.jpg


地球にとって悪いことは、私たちにも同じ ~健康と貧困~


d1.jpg

自然が回復することが出来る以上に資源をとってしまうと、環境問題も貧困の問題も起こります。しかし、自然界ではゴミは出ません。CO2の出しすぎもありません。貧困も失業率もゼロです。途上国では小規模農民が薪や湧き水などを利用して農業や牧畜を営んでいますが、大気、水、土壌の汚染が作物の生産を減少させ、さらなる貧困を生み出しています。




森林が地球から消えている ~森林破壊~

 私たちは酸素を吸ってCO2を吐き出し、植物はCO2を取り込んで酸素をつくります。1人が生涯必要とする酸素の量は、約3本の木が生涯で生み出す量だといわれます。この大切な酸素をつくり、豊かな土壌で雨水を蓄え、多くの生命を支えている森林が、1年間で日本の国土の1/3におよぶほど消えています。

d8.jpg



大切な資源が"ゴミ"になっていく ~ゴミの問題~

 ゴミが多いということは、限りある資源をそれだけ消費しているということ。まずは「ゴミを減らす」ということが、手軽に始められる環境対策のひとつです。日本人1人が出すゴミの量は年間約280kgです。

d3.jpg


 人類が発明した化学物質は約10万種。家、服などをつくるときや捨てるときに土壌や地下水を汚染しますが、焼却しても目に見えない細かな微粒子となって地球上を漂い続けます。

d4.jpg



消えていきそうな生き物たち ~絶滅危惧種~

 IUCN (国際自然保護連合)の「レッドリスト」によると、絶滅の危機にさらされている生き物は2万2784種。食糧や毛皮としての乱獲、森林伐採や開発、埋め立て、川や土地の汚染などが要因ですが、世界トップクラスの生物輸入国である日本では、外来種も深刻な問題です。他から持ち込んだ生物が自然に放たれると、もともとそこに生きていた動植物を食べてしまったり、生息域が重なる在来種のテリトリーを横取りしたり、地域の生態系を崩していきます。
 また近縁の種との間で交配が進むと、遺伝子の独自性が失われることにもなります。1つの生物の絶滅は、さらに別の種の生存を脅かす可能性につながります。

d5.jpg



豪雨や猛暑も私たち人間のせい? ~気候変動~

d6.jpg

 20世紀以降の気温の上昇は、森林伐採や大気汚染、そして化石燃料などの温室効果ガスによる可能性が非常に高いという報告があります。地球の平均気温もここ100年で約1℃上昇していて、猛暑日や熱帯夜も大幅に増えています。急激な気候変動は熱波や感染症による死者をふやすだけでなく、干ばつによる作物の減収と食料不足をもたらし、台風・洪水・高潮、さらには豪雨による土砂災害などの被害も拡大させ、全世界で気候変動によって影響を受けている人は年間約3億人にもなります。




全ての問題には因果関係がある

 例えばゴミの処理はCO2の発生や土壌汚染を引き起こします。CO2の増加は温暖化を招き、土壌汚染は森林破壊や健康被害をもたらします。森林破壊は気候変動の原因となって生態系を壊し、健康被害で慟けなくなると貧困になります。貧困は熱帯林の農地転換や放牧地の砂漠化を呼び起こし、それが異常気象や生物の絶滅を生じさせます。
 このように、環境問題はそれぞれの問題が密接にリンクしているので、全体を包括的に考える必要があります。

d7.jpg



d71.gif

地球と自然のサイクル

 いま地球に起こっている問題は、僕たちの慟きと大きな関係があることが分かったよね。しかし、ゴミを作る、C02も出し過ぎることなどの環境問題を起こすのは人間だけって、考えたことがありますか?地球上の生き物はすでに100%風力、ソーラーなどの自然エネルギーを使っている。しかも、貧困も失業率もゼロ!
自然に返すことができる以上に取らないことがヒント!



d61.jpg

戻る

次へ

d56.gif


  • はじめにお読みください 新築・注文住宅 東京
むくむくはうす 家づくりを支える3つのこだわり
  • 新築・注文住宅 むくむくはうす東京 コミュニケーション&コミュニティ
  • 新築・注文住宅 むくむくはうす東京 環境&健康
  • 東京 新築・注文住宅 暮らしをデザインする家