熊本震災から考える住まいづくり

  • 投稿日:2016年 5月 2日
  • テーマ:


熊本震災では、多くの方が

困難な状況になっておりますが、

私自身が、出来ること・・・いくつかの機関に 『寄付』 を続けております。

近い段階で、九州入りもしたい、と考えております。



みなさん、こんにちは。 
むくむくはうす東京 の樋口です。


世の名は、ゴールデンウィークですね。

私は、仕事と若干のお休みの掛け持ちです。



今回起きた震災で、改めて感じる事・・・・
それは、可能な限りの備えですね。



中央構造線の真上では、断層がづれ、新築でも倒壊被害が
出ました。




中央構造線は、とても意味のある断層で起きた震災ですが、
断層のヅレが、本州にも渡って来そうな印象を受けます。



むくむくはうす東京の標準装備は、耐震住宅ですが、
ご希望によっては、大地震30年保証の制震住宅 とすることも可能です。

やはり、『可能な限りの備え』 が大切です。





極力、コストを抑え、パフォーマンスの高い住まいづくりの必要性について
改めて考えさせられます。



勿論、環境に正しく、健康な住まいという在り方=むくむくはうすは、重要です。
優先順位をどう考えるか?ですね。





熊本震災から、住まいの在り方を考えるゴールデンウィークですが、
住まいづくりをお考えの皆さんも、しっかりと考えてみてくださいね。
  • はじめにお読みください 新築・注文住宅 東京
むくむくはうす 家づくりを支える3つのこだわり
  • 新築・注文住宅 むくむくはうす東京 コミュニケーション&コミュニティ
  • 新築・注文住宅 むくむくはうす東京 環境&健康
  • 東京 新築・注文住宅 暮らしをデザインする家